パチスロ 昔話

設定6にて・・・

ブログの性質上俺は性欲魔人に見られがちだが実は淡白な男である事を忘れないで欲しい

そして女遊びばかりではなくギャンブルもそこそこにやってた

人が一人身を滅ぼす程度にはぶち込んでいる

そういう所も含めて俺は自分をクズと称している

 

ある日のスロットイベントで事もあろうか機種の縛りはあるものの選んだ機種の設定6を1日打ち放題の権利を手にしてしまった

時代は爆裂機時代であった為に、そのトップクラスの機種は対象外であった

俺は山佐のZAKZAK千両箱を選んだ

ストック機(内部的に当たりを貯金していくタイプ)であり、設定6では確実に勝てると言う機種であった

設定6を打つ手順としては

  1. 期限内の打つ前日にカウンターで打ちたい機種を受け付け
  2. 当日は一般入場の10分前に店に入場して打つ台を指定して設定6に打ちかえて貰う

手順通りに予約を済ませて入場口で待っていた

次のページへ >

  • この記事を書いた人
膨張破裂速射

膨張破裂速射

他人との温度差が激しいのが特徴の元ガテン系パチンカス風俗狂い。最近はタイや東南アジアの女遊びにご熱心。東南アジアの女性に会いに行くために日々精進して生きてます。

-パチスロ, 昔話
-, ,

Copyright© クズブロ , 2019 All Rights Reserved.